有組織的生產力改進研討會在卡車 !


国土交通省は、トラック運送事業者の取引条件改善や生産性向上を支援すること を目的に、トラック運送事業者・荷主を対象としたセミナーを、2月14日(火) から全国9都市で開催します。 また、これに先立ち、トラック運送事業者向け「価格交渉ノウハウ・ハンドブッ ク」と、運送委託者向けに取引上の留意点などをわかりやすくまとめたリーフレ ットを公開いたします。 トラック運送業は我が国の国民生活及び経済活動を支える重要な産業ですが、全 産業と比較して長時間労働・低賃金の傾向にあることなどから、物流を支える運 転者の確保が難しい状況が生じているところです。 労働力不足の解決のためには、[1]改善營商環境和[2]輸送の効率化をはじめ とした生産性向上が重要です。国土交通省では、[1]を支援するため、トラック 運送事業者向けの「価格交渉ノウハウ・ハンドブック」及び運送委託者向けに取 引上の留意点などをわかりやすくまとめたリーフレットを作成しました。また、 [2]を支援するため「トラック運送における生産性向上方策に関する手引き」を とりまとめました。 今般、これらの内容を含め、トラック運送事業者の取引条件の改善や生産性向上 に役立つ方策について周知するため、「トラック運送における生産性向上セミナ ー」を、トラック運送事業者及び荷主を対象に全国9都市(札幌、仙台、東京、 新潟、名古屋、大阪、広島、高松、福岡)で開催いたしますので、奮ってご参加 下さい。 なお、上述のハンドブック及びリーフレットは国土交通省ホームページで公開い たしますので、ご活用下さい。 ※詳細については、下記リンク先をご覧ください。 → http://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha04_hh_000121.html Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

查看所有

確保安全,車輛故障或其他緊急情況發出通告 (離中部區交通運輸局)


4月22日、岐阜県高山市清見町の東海北陸自動車道上り線飛騨清見ICにおいて、エンジンの警告灯が点灯しているにも関わらず、路肩等に停車するなどの適切な安全対策を講じずに運行を継続した結果、エンジンがオーバーヒートの状態となり、車内に白煙が上がるとともに、乗客の足下にある温風吹き出し口から熱せられた不凍液が噴き出し、乗客14名が火傷を負うという事故が発生しました。 エンジンの故障を示す警報装置が作動しているにも関わらず、運行を継続し、乗客にケガを負わせることはプロドライバーとしての意識の欠如であるとともに、自動車運送事業者の社会的信頼を大きく失墜させるものであり、誠に遺憾であります。 このため、重大事故を防止し、乗客乗員等に死傷者を発生させることがないよう、バス事業者においては、下記の点を参考に運転者を指導されるとともに輸送の安全確保に万全を期されたい。 記 1.警告灯の点灯等、故障や車両の異常を認識した場合は、速やかに安全な場所に車両を停車させ、適切な安全確保措置を講じることについて、公益社団法人日本バス協会発行の「車両火災発生等緊急時における統一対応マニュアル」を参考にするなどして、運転者を指導すること。 2.必要な安全確保措置を講じた後は、速やかに運行管理者や道路管理者等と連絡を取り、対応について指示を受けるよう、運転者を指導すること。 3.日常点検の重要性を運転者に理解させるとともに、日常点検方法について、再度、整備管理者から運転者を指導すること。 4.事業者は整備事業者に対して当該事案を知らせ、今後の定期点検等における確実な点検・整備を依頼すること。 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

查看所有