On strengthen anti-drunk-driving by drivers of commercial motor vehicles


事業用自動車の運転者による飲酒運転防止については、「事業用自動車総合安全 プラン2009」において、「飲酒運転の根絶(ゼロ)」の目標達成に向け、関係者 一丸となって取り組んできているところです。 特に、当局管内においては、飲酒運転の事案が本年度に入り後を絶たない状況で あることを踏まえ、「事業用自動車の運転者による飲酒運転の防止について」(平 成28年6月13日付)及び「事業用自動車の安全確保の徹底について」(平成28年9 月21日付)において、飲酒運転防止の周知徹底を図ってきたところであります。 しかしながら、本年に入り、静岡県の乗合事業者において、アルコール検知器の 定期点検が確実に実施されていなかったことでアルコール検知器が正常に動作 せず、運転者の酒気帯びの有無が確認できない状態で乗務させた事案が発生しま した。更に、岐阜県の乗合事業者において、運転者がアルコールの検出を恐れ、 同僚の運転者に代わりにアルコール検査をさせ運行した事案が発生しておりま す。 このような事案は、安全、確実な輸送を社会的使命とする自動車運送事業の信頼 を著しく失墜させる行為であり、極めて遺憾であります。 自動車運送事業者におかれましては、その責任の重大性を再度、認識され、同様 の事案が発生しないよう、下記資料を活用するなどして運行管理者や所属運転者 等に飲酒運転防止に係る対策を実施されるようお願いいたします。                  記 (資料) 「飲酒運転防止対策マニュアル」は全日本トラック協会のHP http://www.jta.or.jp/member/pf_kotsuanzen/inshuunten_boushi_ver3.pdf からダウンロードしてください。Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

View all

Determination of the effective date of the partial revision of the road transport Act and the related Cabinet decision


今国会で成立した道路運送法の一部を改正する法律のうち、公布の日から1ヶ月 以内に施行されるもの(事業許可の更新制の導入以外)の施行日を政令において 本年12月20日に決定するとともに、本法律における政令事項について所要の改正 を行います。 1.概要 (1) 道路運送法の一部を改正する法律の施行期日を定める政令 本法律の施行期日を平成28年12月20日とします。 ※事業許可の更新制の導入に係る規定については、本法律において平成29年4月1 日から施行することとしております。 (2) 道路運送法施行令の一部を改正する政令 本法律により道路運送法第38条第1項が改正され、一般旅客自動車運送事業者(路 線定期運行を行う一般乗合旅客自動車運送事業者を除く。)の事業の休止又は廃 止について、その30日前までに事前に届け出ることが義務づけられました。 これを受け、事業の休止の届出の受理について、権限の委任先を運輸監理部長又 は運輸支局長から地方運輸局長に引き上げることとします。 2.スケジュール 公布日:平成28年12月16日(金) 施行日:平成28年12月20日(火) ※詳細については、下記リンク先をご覧ください。 → http://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha03_hh_000253.htmlLanguageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

View all

Automotive Office by end of the year concerning the transport of the new year's holiday safety overhaul news


自動車局では、輸送機関等に人流・物流が集中する年末年始に鑑み、自動車運送 事業者による自主点検等を通じた安全性の向上を図るため、年末年始の輸送等に 関する安全総点検実施計画を定め、その点検実施状況について査察を行います。 ※詳細については、下記リンク先をご覧ください。 → http://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha02_hh_000278.htmlLanguageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

View all

For the proper management of video recorders


今般、タクシーに装備されたドライブレコーダーにより後部座席の乗客が撮影さ れた映像がテレビ等で放映されるという事案が発生したことから、映像の適切な 管理の徹底について関係団体あて通知しました。 ※詳細については、下記リンク先をご覧ください。 → http://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha02_hh_000277.htmlLanguageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

View all

乗務中の携帯電話・スマートフォンの使用禁止の徹底について


乗務中の携帯電話・スマートフォンの使用禁止の徹底について (配信日:H28.11.11) 今般、大阪府門真市において、貸切バスの運転者が運転中にスマートフォンを用 いてゲームアプリを操作するという事案が発生したことから、業務中の携帯電 話・スマートフォンの使用禁止の徹底について関係団体あて通知しました。 ※詳細については、下記リンク先をご覧ください。 → http://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha02_hh_000270.htmlLanguageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

View all

第1回荷主との連携や事業の共同化等による生産性向上方策に関するガイ


国土交通省では、10月26日(水)13:30~15:00、中央合同庁舎第2号館共用会議 室において「第1回 荷主との連携や事業の共同化等による生産性向上方策に関す るガイドライン策定ワーキンググループ」を開催いたしました。 1.開催の経緯 現在実施している「トラック運送業の生産性向上に係る補正予算事業」(平成27 年度補正予算事業)のメニューの一つである「事業の共同化による積載率向上の 事例調査」では、荷主やトラック運送事業者が、連携や事業の共同化等を通じて 生産性の向上に取り組むためのガイドラインをとりまとめることとしている。 今般、ガイドラインの作成に当たって、トラック輸送における専門的な知見を有 する立場からの意見を拝聴するため、学識経験者、トラック運送事業者、荷主等 を構成員として本ワーキンググループを設置・開催した。今後、本ワーキンググ ループにおいて、ガイドラインの策定方針、掲載すべき内容等について検討を行 うこととしている。 2.第1回の概要 10月26日(水)に開催した第1回会議では、同事業における調査の進捗状況につ いて報告を行ったほか、ガイドラインの策定方針、構成などについて議論を行い、 第2回会議からの本格的な議論に向け関係者間で問題意識の共有を図った。 3.今後のスケジュール 第2回以降については、公表(プレスによる頭撮り)を予定している。 ・ 平成28年11月中旬:第2回開催(ガイドライン骨子に関する意見交換) ・ 平成28年12月下旬:第3回開催(ガイドライン骨子に関する意見交換) ・ 平成29年1月下旬:第4回開催(ガイドライン取りまとめ、周知方法に関する 意見交換) ※平成29年2月以降:全国でセミナーを開催(予定) ※詳細については、下記リンク先をご覧ください。 → http://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha04_hh_000109.htmlLanguageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

View all

.高速道路における安全確保の徹底について


10月2日、愛知県岡崎市駒立町の新東名高速道路上り線において、路肩に停車していた高速乗合バスに大型トラックが追突し、車外に出ていたバスの運転者2名が死亡し、バスの乗客2名とトラック運転者の計3名が軽傷を負うという重大事故が発生したことから、高速道路における安全確保に万全を期すよう、関係団体あて通知しましたので、お知らせします。 ※詳細については、下記リンク先をご覧ください。 → http://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha02_hh_000267.htmlLanguageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

View all

WEBサイトリニューアルのお知らせ


平素より格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。 この度、WEBサイトをリニューアルいたしました。 より一層の内容充実に努めてまいりますので、今後ともどうぞ宜しくお願い申し上げます。Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

View all