首頁

最新のお知らせ


2017年2月7日 : 有組織的生產力改進研討會在卡車 !
土地、 基礎設施和交通工具協助貨運公司的交易條件和提高的生產力的改善部
設計為 2/14 卡車公司和托運人的研討會 (星期二)
在舉行的 9 個城市遍佈全國各地。
此外,在運送事業者向け 跟蹤"價格談判的專門知識和手但
曲 ',更容易瞭解業務問題,例如運送委託者向け,一起機智
將發佈日誌格式。

運輸業是我國人民的生活和經濟活動所有重要產業
幸運相比行業,勞動和最低工資往往要很長的時間,從物流支援
我遇到困難的綁架。
要解決工作力短缺,[1]改善營商環境和[2]運輸效率的開始。
是重要的生產力。 在土地、 基礎設施和運輸部[1]為了説明跟蹤
運送事業者向け"價格談判知識手冊"和運送委託者向け 的
創建單張的問題涉及這本書。 還
[2]在生產力改進在卡車上支援手冊
反駁。
包括卡車運輸公司這些生產力改進的內容
這些措施將有助於看到運輸生產力改進研討會
-"貨運公司托運人的撥款和 9 個城市 (札幌、 仙台、 東京,日本
新瀉、 名古屋、 大阪、 廣島、 高松、 福岡),將舉行,所以加入我們
請。
上述的手冊和傳單由土地、 基礎設施和運輸部出版。
請把優勢將。

* 有關詳細資訊,請參閱下面的連結。
→ http://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha04_hh_000121.html


2017年1月28日 : 事業用自動車の運転者による飲酒運転防止の再徹底について
事業用自動車の運転者による飲酒運転防止については、「事業用自動車総合安全
プラン2009」において、「飲酒運転の根絶(ゼロ)」の目標達成に向け、関係者
這是已協調一致的努力。
在此情況下,尤其是官員管,飲酒駕駛的事件今年無止境
考慮到有,預防酒後駕車司機的商業機動車輛 (平
成都 28/6/13 日) 和理解,以確保安全的商用車 (0/2016年 9
3 月 21 日),只是為了防止醉酒駕駛意識。
然而,進入今年,靜岡縣客運承運人在酒精檢測儀
尚未執行定期維護確保工程的細酒精探測器
事件與乘員組在狀態下,不能確認是否穿條紋的司機
之後。 岐阜巴士營辦商在驅動程式中除了害怕酒精檢測
同伴的司機遇到事件而不是酒精,進行航行,並將
做。
這種情況下,安全、 可靠的運輸到社會使命的貨運業務信託
該法大大削弱,和令人非常遺憾。
自動車運送事業者におかれましては、その責任の重大性を再度、認識され、同様
の事案が発生しないよう、下記資料を活用するなどして運行管理者や所属運転者
等に飲酒運転防止に係る対策を実施されるようお願いいたします。

                 記

(資料)
「飲酒運転防止対策マニュアル」は全日本トラック協会のHP
http://www.jta.or.jp/member/pf_kotsuanzen/inshuunten_boushi_ver3.pdf
からダウンロードしてください。

2016年12月17日 : 道路運送法の一部改正の施行日の決定及び関係政令の閣議決定について
今国会で成立した道路運送法の一部を改正する法律のうち、公布の日から1ヶ月
以内に施行されるもの(事業許可の更新制の導入以外)の施行日を政令において
本年12月20日に決定するとともに、本法律における政令事項について所要の改正
を行います。

1.概要
(1) 道路運送法の一部を改正する法律の施行期日を定める政令
本法律の施行期日を平成28年12月20日とします。
※事業許可の更新制の導入に係る規定については、本法律において平成29年4月1
日から施行することとしております。

(2) 道路運送法施行令の一部を改正する政令
本法律により道路運送法第38条第1項が改正され、一般旅客自動車運送事業者(路
線定期運行を行う一般乗合旅客自動車運送事業者を除く。)の事業の休止又は廃
止について、その30日前までに事前に届け出ることが義務づけられました。
これを受け、事業の休止の届出の受理について、権限の委任先を運輸監理部長又
は運輸支局長から地方運輸局長に引き上げることとします。

2.スケジュール
公布日:平成28年12月16日(金)
施行日:平成28年12月20日(火)

* 有關詳細資訊,請參閱下面的連結。
→ http://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha03_hh_000253.html

2016年12月10日 : 自動車局による年末年始の輸送等に関する安全総点検のお知らせ
自動車局では、輸送機関等に人流・物流が集中する年末年始に鑑み、自動車運送
事業者による自主点検等を通じた安全性の向上を図るため、年末年始の輸送等に
関する安全総点検実施計画を定め、その点検実施状況について査察を行います。

* 有關詳細資訊,請參閱下面的連結。
→ http://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha02_hh_000278.html

2016年12月3日 : ドライブレコーダーの映像の適切な管理の徹底について
今般、タクシーに装備されたドライブレコーダーにより後部座席の乗客が撮影さ
れた映像がテレビ等で放映されるという事案が発生したことから、映像の適切な
管理の徹底について関係団体あて通知しました。

* 有關詳細資訊,請參閱下面的連結。
→ http://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha02_hh_000277.html


弊社の得意分野


 貨物の積み降ろし・据え付け・運搬

当社では、大阪における物資のターミナルカンパニーとして、常時10台以上のユニックを配備し、運送から荷物の積み降ろし、据え付けまで自社で一貫して承っております。
狭い場所での積み降ろしに最適な「2tユニック」や、比較的大きな資材・大量の物資にも対応できる「4tユニック」など、お客様のご要望に沿った運送・クレーン作業をご提供致します。



 御社のコストダウンにご協力

「できる限りお客様のコスト負担を減らし、かつ安全・確実な運送を行う業者であること」
これが当社のポリシーです。
コスト面においてもお客様に快くご依頼いただけるよう、効率的な運送形態をご提案しております。

■大手に任せるよりもお得な理由
一般的に、受注を受けた大手企業は、実際の運送を各エリアの下請け業者に依頼します。
そのため、下請け業者の実費と最低限の利益以外に、紹介企業の中間マージンが発生し、お客様の負担は増大してしまいます。
一方当社では、お客直接お取り引きを行い、お見積りいたしますので、適切な価格のご提示が可能。
自社で対応できない場合も、運送業者のネットワークを利用し、お客様に低コストでの運送サービスをご提供いたします。

■ケースバイケースの運送方法でコスト削減
運賃を一律に決めている運送業者には、分かりやすくお得なイメージを持たれるかもしれません。
しかし、運送業者が運輸にかけるコストは荷物の積み具合やスケジュールなどで、大きく異なってくるもの。
当社では、貨物の予約状況を逐一確認し、他のお客様との積み合わせ(混載)や運送に必要な台数の調整などを検討。無駄な運送費を削減し、その時々で最もローコストな運送方法をご提案しております。
料金の概略については、料金案内のページでご紹介しております。
あくまで目安の金額ですが、ぜひご参考ください。


運送対応エリア

関西はもちろん、西は九州、東は関東、北は東北・北海道まで、サービス範囲に制限はあってないようなもの。
全国津々浦々でショーエイのユニックが走り回っています。
ただし、海外への輸送には対応いたしかねますので、ご了承ください。
運送料金につきましては、料金案内をご覧ください。


電子郵件註冊