2017年January

試論加強反 drunk 駕駛商業機動車輛的駕駛者


事業用自動車の運転者による飲酒運転防止については、「事業用自動車総合安全 プラン2009」において、「飲酒運転の根絶(ゼロ)」の目標達成に向け、関係者 一丸となって取り組んできているところです。 特に、当局管内においては、飲酒運転の事案が本年度に入り後を絶たない状況で あることを踏まえ、「事業用自動車の運転者による飲酒運転の防止について」(平 成28年6月13日付)及び「事業用自動車の安全確保の徹底について」(平成28年9 月21日付)において、飲酒運転防止の周知徹底を図ってきたところであります。 しかしながら、本年に入り、静岡県の乗合事業者において、アルコール検知器の 定期点検が確実に実施されていなかったことでアルコール検知器が正常に動作 せず、運転者の酒気帯びの有無が確認できない状態で乗務させた事案が発生しま した。更に、岐阜県の乗合事業者において、運転者がアルコールの検出を恐れ、 同僚の運転者に代わりにアルコール検査をさせ運行した事案が発生しておりま す。 このような事案は、安全、確実な輸送を社会的使命とする自動車運送事業の信頼 を著しく失墜させる行為であり、極めて遺憾であります。 自動車運送事業者におかれましては、その責任の重大性を再度、認識され、同様 の事案が発生しないよう、下記資料を活用するなどして運行管理者や所属運転者 等に飲酒運転防止に係る対策を実施されるようお願いいたします。                  記 (資料) 「飲酒運転防止対策マニュアル」は全日本トラック協会のHP http://www.jta.or.jp/member/pf_kotsuanzen/inshuunten_boushi_ver3.pdf からダウンロードしてください。Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

查看所有